参加・お問い合せは
お気軽にメール下さい

コース案内

Ableton Live 基礎

 基礎といっても、Abletonの基本操作や機能説明などはせずに、いきなり制作に入ります。YouTubeや解説サイトなどいくらでも習得は可能ですので、本ワークショップでは実践的に作業していきます。
 基本的にはAbleton Liveで進めていきますが、他のDAWでも実現可能なことを中心に、昨今のEDM、Dubstepなどでよく用いられるドラム音色(カッチカチのキック音とか抜けのいいスネア)の制作を通じてある程度の準備と全体像を学んでいきます。
 その後、切り貼りによるビートづくりと、一瞬で複雑なビートを作る工夫ワザなども紹介していきます。

※素材を製作する用の元となるサンプルはこちらから配布します(もちろん現在お持ちのサンプルでもOKです)。

Ableton Live 応用

 ここでは、キーボードやコントローラーなどを用いてより直感的にMIDIを操る簡単な方法を用いて、基礎で作ったビートにさらに音色を重ねていきます。効果音的なビートやメロディもさくっとスピーディに作ってしまいましょう。
 メロディを作る際に参考となるWEBサイトやツールも合わせて紹介します。
 意外と知られていない内蔵機能や操作法を通じて、より早く、より深くAbleton Liveを習得したあとは、オーディオファイルにレンダリングして一度聴いてみます。レンダリングの際の注意点などもここで解説します。

※EDMなどでよく使われるメロディ、コードのMIDI音源を配布します。

Ableton Live 上級

 ここでは、制作した素材やMIDIにオートメーションを使って変化をつけていきます。Skrillexのような音はこれがわかってないとかなり実現が難しいので重点的に説明していきます。
 また、設定や操作法、レイヤーのまとめ方一つで、かなりの時間短縮と負荷軽減などの効率化が図れます。そこで知っておくと役に立つ簡単な対処法、応急処置なども紹介していきます。

ソフトシンセ

 ソフトシンセの仕組みと上手な使い方をNIのソフトシンセであるNI MASSIVE、NI FM8、Serumなどを使って解説していきます。ここでも細かい基礎的な知識や操作法は置いておいて、いきなりパッチを突っ込んでの実践でコツをつかんでもらいます。その後過去3回で習得した方法+αを駆使して、ハードな音色を作っていきましょう。

※NI MASSIVE用のパッチを配布します。

ミックスダウン

 いよいよ制作したプロジェクトを一つの音声ファイルとして書き出します。ここが一番重要で、音質を向上させるためには必ず知っておかないといけないことだらけです。個人的にはマスタリングよりも大事だと思っています。
 EQ、コンプレッサー、リミッターなどを中心に、何に気をつけて書き出すか、どこを見て調整するかなど詳しく解説していきます。昨今重視されているMS処理についても解説していきます。

マスタリング

 本ワークショップでは一番安価で一番直感的な操作が行えるiZotope OZONEを使用してマスタリングをしていきます。ここではOZONEの使い方、正しい見方で、付属プリセットに頼らないマスタリングを行っていきましょう。
 概要と操作法を心得ておくだけで、プリセットも最大限活用することができるようになります。持ち込んだ自分の曲をより良くするアドバイスも行います。

オンライン20hコース

 上記すべてのコースを20時間であなたのレベルや好みに合わせて講義していきます。コース全体を通して1曲制作することを目的とします。

オンライン10hコース

 上記コースのうちお好きなコースを3つまで選んでいただけます。